お客さんはエッチじゃないんです!男性がメンズエステに通うワケ

28男性が「おれ、メンズエステに通っているんだよね」と言うと、たいていの場合、「君はエッチなのか?」と聞かれます。
ほんの20年前は、男性専用のメンズエステなんて、日本にはほぼありませんでした。海外にはありました(たとえばハワイの高級ホテルのプールサイドにありました)。
日本では今でも「メンズエステ=エロ」という、悲しい偏見があるみたいです。
さて、今回は男性がメンズエステに通う理由についてみていこうと思います。

■男は男が苦手

肩や腰が凝ったら、整骨院にでも行くといい……ある種の人はこう言います。
でも、ぶちゃけ、男性は男性が苦手だったりもするのです。

ほら、女子のなかに「わたしは女どうしで会話をするより、男性とおしゃべりしているほうが楽しい」と言う人っていますよね?
そういう人のなかには、Wワークと称してスナックやキャバクラでバイトをしている人もいます。

***

男性もおなじです。
男どうしで会話をすれば、かならずといっていいほど仕事の話になるし、「あいつのほうが稼ぎがいい」とか「あいつは上司に好かれまくって!」とか……とにかく嫉妬が出てきます。

だから、常識のある男性は、同性から嫉妬されないように気をつかいながら男と接します。だから、肩を揉んでもらうだけであっても、女子がいるお店を選ぶわけです。
男性の鍼灸師に肩を揉んでもらいながら、相手も男だからと鍼灸師に気をつかいながら接していたのでは、肩が凝ってしかたないですよね?

メンズエステにやってくる男性客は、男どうしの嫉妬がいかにめんどくさいかを熟知しているのです。
つまり、それだけよく働いている男だということです。

こちらもおすすめ。人気コラム