メンズエステの面接に「持っていったほうがいいもの

27今回は、メンズエステの面接に「持っていったほうがいいもの

について、ご紹介したいと思います。

さっそくご紹介しましょう!

■ノートとペン

「履歴書を持ってきてください」とか、「身分証を持ってきてください」とか、お店によって持ち物を指定されることもあります。

その時は、きちんと持っていくようにしましょう。

面接時に身分証を求められることに、不安を覚える女子も多いかと思います。

でも経営という観点から見たら、身分証を求めるお店は、非常に良いお店です。つまり女子が安心してはたらきやすいお店です。

信用のあるお客さんばかりが来るメンズエステのお店には、やはり信用のあるエステティシャンが求められます。だから身分証を求めてくるわけで、なにもその身分証を悪用しようと思って求めてくるわけではありません

お店に指定された持ち物以外で持っていった方がいいもの、それはノートとペンです。どのような面接でも同じことが言えますが、やる気のある人というのは、ノートとペンぐらい持ってくるものです。

それが社会の常識でしょう。

■笑顔

多くのメンズエステ店では、「手技は入店後に研修で教えます」しかも「研修は無料です」とうたっています。

そして、本当に、手技は入店後の研修でいくらでも身につけることができます。興味があればマッサージやエステの資格を取得してもいいでしょうし、資格がなくとも、十分に働いていけます。

ただ、男性客を接客するわけですから、笑顔はあったほうがいいです。つくり笑顔しかできなかったら、それでもOKでしょう

とにかく、男性相手の保険の営業とか、男性相手の酒場での接客と同じことですから、笑顔は忘れずに持っていきましょう。

***

お店の方針や、面接をする人の気持ちなどにもよると思いますが、最低限メンズエステの面接に必要なものはこれくらいです。

あとは、しいて言えば「やる気」とか、いやらしく言えば「お金が好きだから、もっとお金を稼ぎたい」とか、そういった前向きな気持ちがあれば言うことがないかもしれません。

メンズエステの業界は、急速に広まって、今、安定期を迎えていると思われます。

つまり良質の男性客が多数メンズエステの業界にやってきている状況です。

だから、やる気と笑顔があれば、いくらでも稼げる……こういったことが言えるのです。

こちらもおすすめ。人気コラム