人見知りでもメンズエステでガッツリ稼げる理由

28人見知りで、話し下手でも、メンズエステでガッツリ稼げます!
今回は、男性心理の観点から、その理由についてご紹介したいと思います。

■まずお店側の気持ちとして・・・

お店によっては、施術前にお客さんにアンケートをとっています。
そのアンケートの中に「今日は女の子とたくさんお話をしたいですか」とか「なにも喋ってほしくないですか
とか、そういった項目があるところもあります。

そういうお店では、たくさん喋りたいお客さんには話し上手な女子をつけるとか、なにも喋りたくないお客さんには話し下手な女子をつけるとか、そういった配慮をしているところもあります。
あなたが働くことになったお店が、そういった配慮をしてくれているところであれば、非常に働きやすいですよね。
でもそういうお店ばかりではないというのも事実です。

■男性心理として・・・

男性客は基本的には「よく喋る女子かそうではないか」ではなく、「その人らしさ
を見ています。「その人らしさ」にグッときます。
だから人見知りが激しいとか激しくないというところにコンプレックスを持つのではなく、人見知りが激しかったら「激しい自分として
、ごくふつうに接客をすればOKなのです。

***

無口な女子に施術をされることになった場合でも、ふつうの男性客は自分があるていど喋ることで、女子の心を開いて女子からトークを引き出そうと考えています。そういう「努力」をします。

つまり、「この子はあんまり喋らないからチェンジしてよ」というようなお客さんは、あそび慣れていないか、女子に対してあまり気遣いができない客であるといえます。
そしてそういう「わがままな」お客さんは、自然にほかのお店に消えていき、常連さんとしてお店に残らないことが多い、というのも事実です。
つまり「お金を払ったらなんでもやってくれる」と考えている人って、なかなかお店に好かれないよね、ということです。

メンズエステではたらくにあたってすごく大切なことは、あなたの「あなたらしさ」を前面に出せるかどうか、ということです。
人見知りさんは、人見知りとしての性格を前面に出していくと、「君のそういうところが好きだ
と言って、通い詰めてくれるお客さんに出会え、ガッツリ稼げるのです。

こちらもおすすめ。人気コラム