メンズエステティシャンが知っておいたほうが稼ぎやすいこと

02今回は、メンズエステティシャンが知っておいたほうが稼ぎやすいことについて見ていこうと思います。

■お店ごとにある「名簿」
どんなにチェーン店がたくさんあるメンスエステ店だって、ある程度お客さんの数が決まっています。
頻繁にお店にやってくるお客さんが、たとえば30人、まあまあお店に通ってくださるお客さんが30人、月に1回お越しになるかならないかというお客さんが40人……合計で100人……という具合に、そのお店が売り上げをつくるための名簿が、どのお店にもあります。

小さいお店であれば、全名簿で30人しかいない、というところもあるでしょう。

***

メンズエステで稼ぐために必要なことは、その名簿のお客さんの、だいたいのお顔とお名前、それから遊び方(つまりマッサージの好みやエステティシャンの好みなど)を、ざっくりでもいいので把握しておくことです。

■個別対応が大切なんです
それらを把握したらどうなるのか? といえば、ちゃんと「個別対応」ができるようになります。
入店まもない時期は、当然、どんなお客さんがどんなマッサージを好んでいるのか?なんてことが把握できないと思います。自分の仕事をするだけで精一杯でしょう。

でも、入店3か月目ともなれば、徐々に周囲の風景に目が行くようになって、お客さんごとの好みがわかってきます。

***

そしてお店の店長や経営者はたいてい、この「個別対応」をしっかりしたいと思っているのです。
アルバイトで働きに来たばかりのエステティシャンは「たくさんのお客さんがいるお店」としか思えなくても、店長(あるいは経営者)は50人や100人のお客さんのお顔とお名前、遊び方をすべて覚えています。優秀な店長や経営者であればあるほど、覚えています。
サービスの原点は個別対応であると知っているから、覚えているのです。
だから当然、現場で接客するエステティシャンにも、おなじことを求めたいと思っています。

どのような業種のどのようなお店もおなじです。全国チェーンのファミレスでもない限り、サービスの基本は個別対応ですから、お客さんのお名前、お顔、嗜好を把握しておいたほうが稼ぎやすいのです。

こちらもおすすめ。人気コラム