メンズエステでもっと稼ぐ方法とは?

「メンズエステでもっと稼ぐ方法を教えてください」
今回はこのご相談にお答えしたいと思います。

●「しょせん男って」と思わないことです
メンズエステでもっと稼ぐ方法は、あなた以上に稼いでいるエステティシャンを見たらすぐにわかるでしょう。
あなた以上に稼いでいるエステティシャンは、どういう接客をしているのか?

たとえば「しょせん男ってエロい生き物なのね」とは思っていない、ということが言えます。
「お客さんってかならず『ヤラせてよ』と言ってくる……ああイヤだ」と思っていないということです。
これは男を接客するありとあらゆる商売に共通していることです。「しょせん男って」と思って仕事をしていたのでは、なかなか稼げないし、仕事をしていて、そもそもあなた自身がツマラナイのでは?

●男を「いなす」女子は、すごく稼げるのです
スナックなんかでも、やっぱり「しょせん男ってエロいから、適当にエロさを出して接客していたら、それなりに売り上げが上がる」と思っている女性は、そんなに稼げません。
そういう女性はたとえば「客の」エロさが嫌いなのではなく、自分のエロさを素直に認められていない、ということです。

心理学に「同族嫌悪」という言葉があります。自分と似たような相手を嫌うという意味です。
客は自分のエロさを持て余しています。だからエロをスポーツのように一緒に楽しむことができるパートナーに恵まれない、だからスナックやエステなど「ヤル場所ではない場所」で、せっせと自分のエロさを出してくる。
おなじように、あなたもきっと自分のエロさを自分で認められていない、つまり持て余している、ゆえに相手のエロさに辟易するということです。

***

男がエロいというのは、もう、前提条件なわけです。人はみんなエロいので、あなたもエロい。エロいからといって、あなたの価値が下がるわけではない。エロいというのは、あなたの前提条件です。
自分と相手の前提条件をまず認めたうえで、接客する。こうすると、お客さんはまたちがった態度を、あなたにとるようになります。
「そんなこと、わかってるんだから、今『おれのチ●コはデカいけど、どう?』と言わなくってもいいのよ、子どもじゃないんだから、ちゃんとして」という態度で、あなたがお客さんと接していたら、お客さんはたいていおとなしくなります。
すると不思議なことに、もっと稼げるようになるのです。
男の「甘え」を「いなす」ことができる女子は、男を接客する業界で、よく稼げるのです。

こちらもおすすめ。人気コラム