【メンズエステお悩み相談】営業メールってどれくらいの頻度でやってる?

「みなさん、営業メールって、どれくらいの頻度でやっていますか?」

いろいろみたいですよ。まったく営業メールをしないエステティシャンもいれば、暇さえあれば営業メールをしている人もいます。人によります。
おそらくお店の店長さんの考え方や、お店の雰囲気にもよるでしょうし、そのエステティシャンがどれだけ稼ぎたいのかにもよるはずです。

ちなみにすごく稼いでいるエステティシャンほど、マメに営業メールをしている印象があります。すごくかわいくて、どこかしらエロくて、トークもうまく、出勤日をネットに公開したら即予約で埋まってしまうエステティシャンでもない限り、やっぱり営業メールをしないと、思っている以上に稼げないのではないかと思います。
逆説的に言えば、営業メールの頻度が高いと、より多く稼げると言えるのではないでしょうか。

***

稼いでいるエステティシャンは、「お客さんは黙って待っていてもお店に来ない
と知っています。メンズエステの基本営業スタンスは、スナックやキャバクラと同じだから。
やっていることはスナックやキャバとちがっていても、男性客が女子に求めるものは、まったく同じです。だから、メンズエステの基本営業スタンスは、スナックやキャバクラと同じ。

***

つまりお客さんは、好みの女子と仲良くなりたいと思っているということ。で、仲良くなりたいと思っても、男子って、どんなふうに女子と会話すればいいかわからないのです。
だから施術中に、ポジションが定まらない中途半端な会話をしてしまうお客さんが多いのです。
エステティシャンのことを、急に下の名前で呼び捨てにしてみたり、さん付けで呼んでみたり、あるいは横柄な態度になったかと思えば、妙にかしこまってみたり。
こういうのはすべて「好みのエステティシャンに好かれたい」という淡い恋心が原因。

だから女子がお客さんを「呼んであげる」。そして、ふだんは彼氏の前でドMの女子であっても、少々Sっぽく、お客さんを「引っ張っていってあげる」。
これさえできれば、稼げます。まずは営業メールでこれをすることです。

こちらもおすすめ。人気コラム