【メンズエステお悩み相談室】指名を増やして稼ぐ方法その2「あいさつの意味を知る」

指名を増やして稼ぐ方法その2は「あいさつの意味を知る」です。
挨拶って、「やって当たり前」くらいに思っている人も多いでしょう。とくに接客業をやっていたら「挨拶して当たり前」と思うでしょう。

さて、ここで問題です。挨拶の2文字をバラすと「挨」という漢字と「拶」という漢字になりますが、それぞれなんと読むでしょうか?

こたえは「挨く(ひらく)」「拶る(せまる)」と読みます。

心を開いて相手に迫る。これが挨拶。

よく言われる「心を込めて挨拶をしましょう」とは、心を開いて相手に迫るという、なんだか戦国武士のようなことだったのです!

でもまぁ、そこは女性ですから、なにもデカい声であいさつする必要があるわけでもなく、相手が心を開いてくれるくらいのことを心がけておくといいです。

挨拶をしても挨拶を返してくれない人もいますよね。そういう人には「自分はすることはしたのだから」と思って、気にしないことです。気にせず淡々と次のことをやる。

心を開いて相手に迫るような挨拶をしていれば、やがてお客さんに好かれるようになります。お客さんって、多かれ少なかれ、お店に来て緊張しているので、自分の心を開いてくれるような挨拶をしてくれるエステティシャンに対して、安心感を覚えます。

安心してお客さんがサービスを受けることができれば、それは多少緊張してサービスを受けているときの倍以上の満足感があります。
だから指名につながるのです。
「つねに心を開いて相手に迫る挨拶をする! 当然、そういう挨拶のときは笑顔になるはず!」これを意識するだけで、指名率がうんと上がるのです。

こちらもおすすめ。人気コラム