【メンズエステお悩み相談】口説いてくるお客さんはなぜ口説く?

お客さんに口説かれて嫌な思いをしたメンズエステティシャンも多いと思います。
お客さんって、みずからお金を払っているからエステティシャンが笑顔で優しく接してくれているのだ、と、わかっていないから口説いてくるのか?
いえいえ、男はそれくらいのこと、わかってるんですよね。
でも口説きたいと思えば口説きます。なぜ?

■「この子はおれのすべてを受け入れてくれそうだ」と勘づいたから口説きます。
つまり、ほら「隙のある女子はモテる」と言われていますよね。この「隙」って「おれのことを受け入れてくれそうな隙間」のことで、その隙間を、彼は勘で見つけたから口説くわけです。
それは例えば、よく言われるように「笑顔がすごくよかった」から、男の勘がピピっと作用して口説いた、ということもあります。
笑顔の奥に、例えば「おれのドMなところを受け入れてくれそうな女子」だと勘づいたから口説いた、ということもあります。

■女子もこの手の勘が働いているはずです
付き合った後に、ふたりで「わたしのこと、いつから好きだった?」とか「おれのこと、いつから好きだった?」とかと聞きあったことのある人はきっとわかると思うんですが、交際のきっかけの一番最初って「なんかこの人になら、わたしの変態っぷりを調教してもらえそうだと勘でわかった」とか「なんかこの女子ならエッチに誘っても断られない感じがした」とか、そういう勘だったりするんですよね。
その勘を、男子たちは、お金をみずから払った相手にも、もれなく適応させちゃうんです。
キャバクラとかスナックが、いつまで経ってもなくならないのも、こういうことなんですよね。

「かわいいから口説いた」とか「誰でもいいからヤレそうな女子を探すために口説いた」とか、世間にはたくさんの「口説いた理由」が流布していますが、こういう理由って、いわば表面的なことなですよね。
その奥にあるのは「おれのすべてを受け入れてくれそうな女子だと、なんとなく勘づいたから」なんですよね。
なので、あなたがことさらかわいくしようと努力しなくても、口説いてくる男子は口説いてきます。あなたが持つ雰囲気――目に見えないもの and あなたが無意識のうちに出している雰囲気に、男たちって敏感なんです。

こちらもおすすめ。人気コラム