【メンズエステお悩み相談】男子が出す「脈ありサイン」とは?

勘のいい女子は「脈あり」か「脈なし」かを直感で判断できますよね。たとえば、初めて会った彼と、会った1時間後にはラブホに入って、その後1年以上交際が続いているとか、そういうカップルは、おそらく男女双方に、そういう勘が具わっていたのでしょう。

■「2時間以上話が続くと」脈あり
女子からの恋愛相談でわりと多いのが、「出会って2~3時間、彼と食事をしたのですが、この場合、彼はわたしのことが好きなのでしょうか」というものです。
答えは「はい、彼はあなたのことが好きです。脈ありです」です。
男子って、好きじゃない女子と、何時間も話ができない生き物なんですよ。対して女子は……人にもよるのかもしれませんが、キャバ嬢って好きじゃないお客さんと何時間でもお話できますよね。男にそういう才能はないんです。
彼は頑張って2時間も3時間も粘ってあなたのことを口説いているのだから、適当な時間になったら「ラブホ行かない?」とあなたから言うと、一発で恋愛関係になれます。

■「淋しい」と彼が言えばそれは「脈あり」
「ずっと彼女がいなくて淋しいんだ」みたいな会話を彼がしてきたら、それは脈ありサインというか、「好きです。付き合ってください」ということです。
キラキラした恋をしてみたいと思っている女子の中には、淋しさのことをなんとも思っていない人がいるというか、「恋はキラキラしたかっこいいところから始まるもの」と思っている女子がいますよね。「おれについてこい」みたいなかっこいい男子に腕をぐいっと掴まれた瞬間に落ちるのが恋だと。
まあ、それはたしかにその通りかもですが、でも、恋って、往々にして淋しさから始まるんだよ。
もう少し歳をとると、「淋しさから始まる健全な恋」がわかってくると思います。人は誰だって淋しさを抱えて生きているわけだから。

こちらもおすすめ。人気コラム