【メンズエステお悩み相談室】お金が貯まる体質の人がやっていることとは?

お金を貯めようと思えば、お給料日に先に貯金をし、残ったお金で生活をしましょうと言われます。たしかにその通りで、たとえば会社で財形貯蓄をしていればわりとすぐにまとまったお金が貯まります。
がしかし、今この記事を読んでいる人は「先に貯金」ができないはずです。できていたら今頃こんな記事を読んでないはずだから(失礼!)

■しっかり食べてしっかり寝る
心理学的には、「貯まる体質の人は、しっかり食べてしっかり寝る人だ」とされているそうです。つまりストレスを溜めず、いつも元気でいることが貯まる体質なんだそうです。
たとえば「衝動買いを止めるにはどうすればいいか?」という問いに対して、心理学は「しっかり寝ましょう」と答えます。嘘みたいな話ですが本当の話です。寝ないとストレスが溜まって、そのストレスが余計なものを買わせるのだそうです。怒りの感情など、負の感情をコントロールする方法も同じだそうです。しっかり寝てしっかり食べる。
つまり、つねに感情をポジティブに健康にしておけば、自然と「ふつうの暮らし」になるとのことで、これはホントのことです。

■大きい目標を持つ
たとえば100万円貯めようと思って、毎日スーパーで50円引きのお惣菜やらパンやらを買って、少しずつ節約するのはいいことです。でもそういうことを続けていたら、どうしても視野が狭くなってきます。視野が狭くなると人間性がやせ細ってきます。
で、ここからが信じることができる人とできない人に分かれてくるのですが、小さな人間性には小さなお金しか宿らないと言う人がいます。
なので、毎日50円引きのものを食べてもいいけど、気持ちは、たとえば「2年後に資格取得のために100万円支払おう!」など、大きなお金を自分に投資するところに向けておく! これって案外大事なんだそうです。

■100円でいいので募金する
お金が貯まる体質の人は「循環」がいい人だとも言われているそうです。たとえば1万円入ったら、100円を募金するとか。10万円入ったら1000円募金するとか。そういう「お金の循環」を意識してあげると、案外貯まる体質になるそうです。独り占めすると貯まるものも貯まらなくなりますよ、という先人の教えなのでしょう。

こちらもおすすめ。人気コラム