【メンズエステお悩み相談室】マッサージのうまい・下手ってお客さんはどこで判断しているのですか?


●質問
わたしから見てマッサージがうまいと思う女子が、お客さんから「君はマッサージが下手だね」と言われているのを見ると、哀しい気持ちになってしまいます。
お客さんって、どういうところでエステティシャンのマッサージのうまい・下手を判断しているのですか?(24歳・神奈川県)

●回答
たとえば「ツボ」に的確に指が入っていると「この子、マッサージが上手だな」と思います。ツボって、経絡の絵図を見ながら必死になって勉強したことのある人もいると思うけど、お客さんにとっては「指が少しばかり深く入るポイント=ツボ」という感覚しかないんですよね。お客さん、経絡の図なんて見たことがないから。

それから、これは当たり前のことだけど、力加減ですよね。強いのが好きな人もいれば、弱めでやってくれないと痛いという人もいるから。

でも思うんですが、究極的には、男って、好きな女子になにをされてもOKなんですよね。つまり「この子かわいいから指名しよう」と思って指名したエステティシャンがマッサージが下手であっても、それはそれで許せてしまうんですよね。

それに、これはいろんな人のマッサージを受けて感じることなんですが、マッサージのうまい・下手って、カラオケがうまい・下手とか、バレーがうまい・下手と同じで、究極的にはある程度は持って生まれた才能によるんだと思うんですよね。

偶然メンズエステの仕事について、数年間がんばって自分のお店を持つ女子って、生まれもってマッサージの才能があると思うんですよね。実際に、マッサージうまいですしね。男性相手に接客するスキルは……まあ、人並みにあると独立できるのだろうと思います。なぜなら独立した女性よりも「男好きのする」接客をしている女子は大勢いるから。

メンズエステで働いていたら、マッサージのうまい・下手が気になると思うけれど、ある程度は持って生まれた才能によるのだから、下手な人は下手なりに精一杯やるとそれでいいんです。下手が下手なりに精一杯やっている姿こそに、人は心底感動するのだから。
下手下手と言いすぎてごめんなさい。

こちらもおすすめ。人気コラム