【メンズエステお悩み相談】風俗あがりの同僚とうまくやれないんです・・・

●質問
わたしが働いているメンテナンスには、風俗あがりの女子が働いています。その子は「風俗より楽して稼げるから、こんなちょろい仕事はない」と言ったりして、お客様を見下す態度をとることがあります。わたしは、その子と休憩室で一緒になるのが苦手です。でも同僚としてうまく接しないといけなくて……どんなふうに接するといいのでしょうか。(24歳・埼玉)

●相談
「あ~そうなんだ~」と笑顔で言って、適当に聞き流しておくだけじゃダメなんですかね?
お客さんをなめている女子は、やがて、かならず消えていきます。これは風俗あがりの人であってもなくても同じです。
お客さんをなめている人は、仕事そのものにやがてやりがいを見出せなくなって辞めていきます。辞めた後、もっと儲かることをしようとします。それが、自分でメンズエステのお店を開くことかもしれないし、自分で貿易の仕事をすることかもしれないし、彼女が何をするのかは知らないけれど、「楽して稼げる」と公言するような人は、やがてオミットされる、というのは、どこのお店を見ても、どこの会社を見ても、ほぼ絶対的に言えることです。

たしかに、風俗あがりの彼女が言うように、風俗より一般のメンズエステのほうが楽して稼げるというのは事実かもしれません。男から見てもそう感じます。
男は「抜いてもらいたい」から風俗に行くわけだけど、「抜いてもらいたい」という欲求と同じくらい、場合によってはそれ以上に、メンズエステで焦らされるかのように女子にカラダを触ってもらいたいと思っていたりします。
女子からすれば、男性のアソコを触らずして&自分は脱がずして稼げるのだから、これほどいい商売はないと、彼女は考えているんでしょうね。

彼女がどのような風俗のお仕事をしてきたのか分からないんですが、「メンズエステは楽」と言う人には、それなりの経験というか背景があるんですよね。
たとえば、過去に、風俗店ですごく大変な思いをして、死にたいと思ったことがあるとか。

一般エステって、風俗店ではないので、非常に健全な場所だけど、お客さんの隠れた要望(「抜き」はないけど、女子を口説いたら抜いてくれるかもしれない、など)ゆえに、どうしてもグレーゾーン的なイメージになってしまっています。実態はクリーンだけど、内情はグレイ。そういうグレーゾーンには、過去に大変な思いをした女子が働きに来ることがよくあります。
あなたも、相手の「背景」を理解できるようになることをおすすめします。人ってそう簡単な生き物ではないというのを知る、絶好のチャンスです。

こちらもおすすめ。人気コラム