【メンズエステお悩み相談】お客様の「抜いてほしい」という要望をどうかわす?

●質問
施術中に「抜いてほしい」と言ってくるお客さんに、どう接すればいいのかわかりません。「無理です」と答えるとお客さんが怒りそうで……。どうすればいいのでしょうか?(25歳・大阪)

●回答
これは「うちのお店はそういう店ではないので」でOKです。「抜いてもらいたいのなら、そういうお店に行ってください」と付け加えるともっと親切か?

あの~ですね、一般のメンズエステで「抜き」を期待しているお客さんって、ある意味では「お客さんではない」んですよね。
もちろん、「うまくいけば抜いてくれる」とか「あそこの店のあのエステティシャンは、おれが懇願すれば抜いてくれた」という成功体験があるから、彼は「抜いてよ」と「ダメ元で」行ってきます。つまり、「スリル」というか「博打」を楽しむために、一般のメンズエステに来るお客さんって、一定数いるんです。

そういうお客さんを「お客さんではない」とする、つまり物の数に入れないと、お店の売上が下がって経営が成り立たなくなるのではないか? という心配は無用です。
なぜなら、どのようなお店であっても、少数の「きれいに遊ぶお客様」に支えられているからです。つまり、少数の「遊び方を知っている(=きれいに遊ぶ)」お客様」がお店を支えてくれているのであって、スリルを楽しむためにやってくるお客さんは「浮動票」なのです。だから気にすることはないです。

遊び方を知らないお客さんと、酔っているお客さんは、すぐ「抜いてよ」と言ってくるでしょう。
そういうお願いがしつこければしつこいほど、あなたのように心優しい女子は「断ったら悪いな」とか「断ってお客さんが怒りだしたら怖いな」と思って、すごく心の中で葛藤すると思います。葛藤をするあなたを見て楽しんでいるお客さんだっているんですよね。悪趣味だなあと思うけど、そういうふうに遊ぶ男だっているんです。

だから、毅然とした態度で「うちはそういうお店ではないので、他のお店で抜いてもらってください」と言うべきなんです。言っても、誰も怒らないから大丈夫です。
「他のエステティシャンの**ちゃんは抜いてくれたよ」とお客さんが言ったら「なら、**ちゃんを指名してください」と言うといいです。そのお客さんは、**ちゃんに嫌われたからあなたを指名したのだからw

こちらもおすすめ。人気コラム