【メンズエステお悩み相談室】稼いでいるエステティシャンはお店選びを重視している

どうやったら稼げますか? と相談してくるエステティシャンに限って「お店の電話が鳴らないんですが」なんて言います。電話が鳴らない、つまり予約が入らず閑古鳥が鳴いている……これでは稼げないですよね。

稼げるお店とは、まず、お客さんを大切にしているお店です。「このオイルは高価だから、少しだけ垂らして、あとは水で伸ばすといいの」なんてことを言っているお店は、お客さんのことを大切にしているとは言いがたいですよね。
お客さんのことを大切にしているお店は、たとえば、お客さんの誕生日をお店が管理していたりします。担当のエステティシャンが管理するのではなく、お店が管理して、お店をあげてバースデーをやる。

そのようなことは、入店してしばらく経った頃にわかってくるお店の内情であって、面接時にはわからないよね、と思う人もいると思うけど、たしかにそのとおりです。面接のときにはわからないですよね。

がしかし、面接担当者の、あなたに対する態度を見ていたら、なんとなくわかるものがありますよね。物腰がやわらかい人は、お客さんに対しても物腰がやわらかく丁寧です。その人が店長であるなら、店長の考え方ってわりと末端にまで及ぶので、そのお店じたいがお客さんを大切にしているお店だと言えるかもしれません。店長の上、つまりオーナーが、人を大切にするいい人なのかもしれない。

おそらく多くの人は、ネットの求人情報を見て、どのお店で働くかを決めるはずです。面倒であっても、3店舗くらいに面接に行くことをおすすめします。
なぜなら、お客さんを大事にしているお店で働かないと、あなたが薄給にあえぐことになるからです。

お店って不思議なもので、オーナーの人柄が出るんですよね。新規客だけが来てくれたらそれでいいと思っているオーナーの店は、殺伐とした雰囲気だったりします。10人くらいの「上客」を売上の柱にして、上客の下の「中客」が30人くらいで、そのまた下が30人くらいで、というピラミッド型のお客さんの構成で稼ごうとするオーナーは、「フェアに」お客さんを大事にしています。フェアというのは、そのお客さんがお店に落としてくれた金額に応じて、という意味においてフェア、ということです。
複数のお店に面接に行き、あなたのその目で、その肌で、いろんなことを感じとってみてください。それが稼げる第一歩になります。

この記事のコメント

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

こちらもおすすめ。人気コラム