リピーターってどうやってつくればいいのですか?

2022 6/6


●質問
リピーターってどうやってつくればいいのですか?

●回答
リピーターって、つまり、あなたのファン、ということなので、リピーターをつくるのは、あなたのファンをつくることと同義です。
では、どうすればファンをつくることができるのか?

あなたの「いいところ」が「感じ=雰囲気」として出ればいい、というのが、その答えです。

なぜなら、人って、その人の持っている「感じ」を好きになるからです。
たとえば、音楽。
音楽の好き嫌いはもちろんありますね。でもあまり好きじゃないアーティストの歌でも、なんか惹かれる、ということがあるはずです。
歌詞がいいのか、歌い方がいいのか、メロディがいいのか、声がいいのか・・・・いろんな「いいところ」があるでしょうけど、究極的には、「その人が持っている感じが、なんかいい」というところに落ち着きませんか?

たとえば、のんびり屋さんのマイペースな人は、そのことをしばしば店長に指摘されるかもしれません。もっと素早く動いて売上に貢献してください、みたいに。
でも、そこでめげずに、その「持ち味」を活かすのです。
すると、あなたのその「雰囲気=感じ」が好きというお客さんがかならず出てきます。
これは人の不思議なところなんですが、あなたの良さを感じ取って、そここそが好きという人って、絶対にいるんですね。

なので、まずは自分の持ち味を知ること。マイペースののんびり屋さんというのを「よくないこと」「改善すべき点」と思わずに、それこそが持ち味だと知ること。ここから始めると、案外すぐにリピーターがつきます。

反対からいえば、リピーターに恵まれない人の特徴は以下の2つです。
1つは、自分の持ち味を活かしていない人。「これはこうすべきだ」という「べき論」でやってしまっている人。そういう人は自分の持っている「感じ」が「べき論」で相殺されてしまうので、まずリピーターはつきません。
2つ目は、お店と相性の悪い人。はたらく環境によって、自分の美点が表に出たり出なかったりします。相性のいいお店ではたらくというのはすごく大切なことです。

今すぐ稼げるメンズエステ求人
900件以上の募集から探せますエリアから探す

この記事の感想

この記事にコメントをする

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※ご相談・ご質問にはお答え出来かねますのでご了承ください。

こちらもおすすめ。人気コラム

メンズエステのお悩み相談をもっと見る