馴染みのお客さんが離れていくとき

2017 2/4

a1640_000184メンズエステで働いていたら、常連さんが離れていくときがありますよね。
毎週お店に来てくれていた**さんが、急にお店に来なくなった……というようなケースです。
そういうとき、心優しい女子は「わたしの接客がマズかったのかな?」と自分を責める方向で悩んでしまうかもしれません。
が、悩む必要はまったくないです。

 

■お客さんの気持ち
お客さんって、エステティシャンが嫌いになったからお店に行かない……という判断をすることもありますが、だいたいにおいて、それ以外の理由でお店に通わなくなります。

たとえば……お店の雰囲気が変わった、という理由でお店に来なくなります。
たとえば……これまでは高級路線の隠れ家的な静かな雰囲気のお店だったのに……お店がサービスクーポンを乱発しはじめて、新規のいちげんさんのお客が増えたら……当然、お店の雰囲気が変わってきますよね? そういうのがイヤでお店に来なくなるお客さんだっています。

あるいは店長が変わって、「お店の方針
という、お客さんにとって「目に見えないもの
が変わっただけでも、お店に通わなくなるお客さんだっています。

■女子としてあまり悩まなくていい
熱心に、特定のエステティシャン目当てにお店に通うお客さんであっても、お店の雰囲気が変わったという理由で、お店に通わなくなるのです。
だから、お店で働いているエステティシャンは、馴染みのお客さんが来なくなったからといって、自分を責める必要はまったくありません。

***

お客さんが指名しているエステティシャンを熱心に口説くみたいに頻繁にお店に来るというのは、ようするに「そのお店の雰囲気が好き」というのが、まずベースにあって、そのお店の女子の中で、自分のタイプのエステティシャンを口説こうと思っていることもある、ということです。
つまり、お店の雰囲気や店長さんの態度などのいろんな条件プラス、その女子の雰囲気……こういういろんな要素がからまっている中で「このエステティシャン目当てでお店に通おう」と思うのです。

男のお客さんって、そういう意味では、非常にデリケートなんですね。
とにかく好みのエステティシャンをどうにかしたい……という、下半身がサルのような考えだけで、男はメンズエステに通わないということです。

今すぐ稼げるメンズエステ求人
700件以上の募集から探せますエリアから探す

この記事の感想

この記事にコメントをする

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※ご相談・ご質問にはお答え出来かねますのでご了承ください。

こちらもおすすめ。人気コラム

メンズエステのお悩み相談をもっと見る