お客さんが「メンズエステティシャンにハマっていく」だいたいのパターン

14何年もメンズエステではたらいていれば、お客さんがメンズエステティシャンにハマっていくだいたいのパターンがわかっているかと思います。
が、初心者のかたは、まだおわかりではないでしょう。
今回は、どういう感じで男性客が、メンズエステティシャンのリピーターになるのかについてお届けしたいと思います。
お話は新宿のメンズエステに勤務している由美さん(22歳)にお聞きしました。
さっそく見ていきましょう!

■1:まずはふつうに何回か通う
「一見(いちげん)さんとしてご来店なさったお客さんは、まずはふつうに何回か通ってきます。わたしを指名することもあれば、フリーの日もあります」

■2:そのうち指名する女子が決まってくる
「何回か通ったあとで、指名をする女子が決まってきます。最初からHPなどで指名する女子を決めているお客さんだってもちろんいますが、キャバクラみたいにフリーで何回か遊んだあとで、指名する女子を決めるというパターンが多いように思います」

■3:手土産を持ってくる
「何回か指名をいただいていると、そのうちお客さまは手土産を持ってくるようになります。出張先のお土産とか、じぶんで作った手作り料理を持ってくることもあります」

■4:店外デートに誘われる
「そして最後は決まって店外デートに誘われます。うちのお店は店外デートOKなので、キャバクラの同伴みたいなかんじで、お客さんと外で待ち合わせをしてごはんを食べさせてもらってから、一緒にお店に入ってエステ……という流れです」

いかがでしたか?
きっと男性客がエステティシャンにハマっていくパターンは、キャバクラに似ているのでしょう。
キャバ嬢のようにお酒を飲むこともなく、色恋営業に疲れることも(たぶん)ない、メンズエステの世界で、ぜひガッツリ稼いでみてはいかがでしょうか。

この記事のコメント

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

こちらもおすすめ。人気コラム