【メンズエステお悩み相談】ほかにやりたい仕事がないからという動機でもいいですか?

「ほかにやりたい仕事がないからメンズエステで働くというのでもいいのでしょうか?」

いいと思いますよ。
若いとどうしても、絶対にこの仕事がしたいというのがないときだってあるでしょう。メンズエステで働きながら、いろんなお客さんを見て、少しずつ世間というものを知って、それから次のことを考えてもいいのではないでしょうか。

メンズエステで働いているうちに、男性を接客する才能が自分にあることに気づいて、スナックに転職した人もいます。
あるいは、メンズエステに半年ほどいて、自分の営業トークの才能に気づき、かつ、自分がものすごくお金を稼ぎたいという熱意を持っていることを知って、生保レディに転職して、月に100万円稼いでいる人もいます。
だから、メンズエステのお店のオーナーには悪いかもしれませんが、メンズエステ「ででも」働いてみようか、ということで、全然いいのではないでしょうか。

***

女性を使うのが上手なオーナーの中には、メンズエステ「ででも」働いてみようか、という軽い動機でメンズエステティシャンをはじめた女子を、仕事大好き人間に育て上げた人もいます。ぶっちゃけ、「男性を接客してお金を稼ぐ能力を開花させた」と言えなくもないですが、これだって立派な才能であるはず。
お客さんやお店のスタッフ、それにお店のオーナーと、仲良くなる必要はないかもしれませんが、人としてよく触れあっているうちに、なにか自分がやりたいことが見つかると思います。

真剣にやっていれば、かならず見つかります。仕事が見つからなくてもいいんです。「わたしは結婚して主婦になるのが向いていると思った」でもいいんです。
みんな、カラダを動かして、毎日仕事をしていれば、イヤでも「これをしたい」とか「こう生きたい」というのが、自然と心の奥から湧いてきます。
そのきっかけがメンズエステだった、となれば、それはそれで素晴らしいことではないですか?

こちらもおすすめ。人気コラム