メンズエステとキャバクラ、どっちが稼げる?

メンズエステとキャバクラ、どちらが稼げますか? という質問にお答えしたいと思います。

■両方やれば「すごく便利」かもしれません

昼間はメンズエステでバイトして、夜はキャバクラでバイトしている女子もいます。

そういう人は、運が良ければ、キャバクラのお客さんに「あたし、昼間はメンズエステでバイトしてるから、よかったら昼間にメンズエステに来てね!」なんてかんじで営業していたりします。

たくましいですよね。

メンズエステもキャバクラも、両方やることができれば、言うまでもなくすごく稼げますが、なかなか体力的に大変ですよね。

ということで、

・お酒がめっちゃ飲める人は、キャバクラに!

・(あまり)飲めない人は、メンズエステに!

という答えはいかがでしょうか。

***

もちろん、どんなメンズエステでバイトをするのか? とか、どんなキャバクラでバイトをするのか? にもよりますが、お酒が飲めるのであれば(お酒を飲むことが好きなのであれば)、キャバクラのほうが稼ぎやすいでしょう。お客さんにボトルの1本でもあけていただくと、バックがもらえるでしょ?

それに、エステは主に全身を駆使しますが、キャバは主に肝臓を駆使するから、肉体労働がイヤな女子は、キャバがいいでしょ?

もっともキャバクラだって、肉体労働なわけですが……。

でも、いかにお酒が好きであったとしても、肝臓って1つしかないので、メンズエステを選ぶといいのではないかと思います。

■キャバクラからメンズエステに遊びの場を変えている殿方

酔っぱらって(酔っぱらったふりをして)おおいに騒ぐことで売り上げをつくるしかないと、腹をくくっていれば、キャバクラを選んでも全然問題ないように思います。そういうキャバ嬢って、いつの時代も、ある一定のニーズがあるから、稼げるでしょう。

でも、そういう女子って、ごく少数ですよね。

ふつうは「そこまで」騒ぐこともできなければ、たくさん飲むこともできなければ、酔っぱらったふりをすることもできないでしょう。できたとしても、ちょっと苦痛でしょう。

そんなことをする必要のない、メンズエステのほうが、体力的にも精神的にも楽かもしれません。それに、キャバでバイトすることも選択肢に入っているくらいなら、キャバクラの営業手法をそっくりそのままメンズエステに持ち込んだら、稼げますって。

キャバクラもメンズエステもどちらも、お客さんは、「自分の期待感」にお金を払っているからです。

つまり「この子と、万が一、恋人の関係になれたら!」という期待感に、お客さんはお金を払っています。

素肌をマッサージしてくれたほうが、期待感が大きい。こう考える男性もいて、キャバクラからメンズエステに遊びの場を変えている殿方だって大勢いるのです。

この記事のコメント

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

こちらもおすすめ。人気コラム