【メンズエステお悩み相談】キャバ嬢上がりのあの子に売り上げで勝つ方法

「わたしが勤務しているメンズエステには、キャバ嬢上がりのエステティシャンがいます。その子の売り上げを追い越したいのですが、どうすればいいのでしょうか」
今回はこのお悩みにお答えしたいと思います。

■「男ってしょせん」
キャバ嬢上がりのメンズエステティシャンって、わりと男好きすることをさっと言えたり、やれたりできるので、お客さんからの人気が高かったりすると思います。
が、同時に「男って、しょせんエロいだけでしょ? だからわたしがこういうことを言ったりやったりすると、指名が増えるのよね」というふうに割り切っている人もいます。

この「男ってしょせん」というのに気づかないお客さんが、その子のファンになり、指名が増え、売り上げが上がっているわけです。

***

が、「男ってしょせん」と思っているのが、言動のはしばしに出るので、そういうのがイヤなお客さんは、その子のファンになりません。絶対になりません。
ということは、そういうお客さんに好かれるようにすれば、自動的に売り上げが上がります。

■「数回接客してくれたらそれでいいや」
さらに言うなら、「男ってしょせん」と思いつつメンズエステティシャンをやっている人って、案外長続きしていないように思います。適当な時期に辞めちゃう。
なぜか?
どんな仕事でもそうですが、客のことをなめているようでは、長続きできないからです。

***

なので、つねに誠意ある接客を心がけつつ、「細く長く」やっていこうと思っておくと、相手が勝手に脱落して(お店を辞めて)、あなたが売り上げNo.1になるかもしれません。
お客さんって、ぶっちゃけ、「その女子がもっている自然なかんじ」に惹かれるから指名するわけであって、「男ってこういうことをしたら喜ぶでしょ?」と思っているエステティシャンのことは、「数回接客してくれたらそれでいいや」と思っていることもあるのです。
そういうエステティシャンを何回も指名するというのは、単純に「ヤリたいから」であって、そういう色恋をさばくのって、キャバ嬢上がりであろうとなかろうと、女子にとってしんどいことなので、適当に辞めていくのです。
細く長く、誠意ある接客をするだけで、そのうち自動的に売り上げNo.1になれます。
がんばってください。

この記事のコメント

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

こちらもおすすめ。人気コラム