【メンズエステお悩み相談室】メンズエステで働いていると言ったら変な顔をされました

「この前、友だちに、『わたし、メンズエステで働いてるんだ』と言ったら、『えっ?』と言われました。風俗と間違われたのかなと思いますが、メンズエステの社会的イメージって、やっぱり風俗なんでしょうか」

■男でもこういう経験をしたことのある人って、たくさんいますよ
男でもこういう経験をした人が多いと聞きます。つまり男どうしで、「おれ、メンズエステに通ってるんだ、メンズエステって、紙ショーツを穿いてオイルマッサージしてくれるとこね、風俗じゃなくて」と言うと、相手に「それって風俗じゃん」と言われた人が大勢いる、ということです。

おそらくエロじゃない一般のメンズエステの、社会的認知度って、「このていど」だろうと思います。風俗ではない一般のメンズエステのHPを見ても、女性の顔を隠しているお店がたくさんあるので、そういうのも「エロ」と間違われる要因でしょう。

■ではどうするか?
そういう社会的偏見と、どう向き合うか? ということですが、これはもう「わかる人にわかってもらうしかない
でしょう。なぜならエロいことなんて、ホントになにひとつやっていないわけですから。
理解のある、頭の賢い人にのみ、「わたし、メンズエステで働いているの」と言えばいいのではないでしょうか? あるいはメンズエステで働いている友だちを増やすとか。

欧米では、男性向けのオイルマッサージなんて、ふつうにあります。あろうことか、高級ホテルのプールサイドに、オイルマッサージのブースがあり、そこでは世界各国のセレブとおぼしき男性が、紙ショーツを穿いて(あるいは水着のまま)、美しい女性からオイルマッサージをしてもらっています。
それなのになぜ、日本では「メンズエステ=エロ」なのでしょうか? オイルマッサージ好きは、海外に移住したほうが誤解されないいい人生になるのでしょうか?

この記事のコメント

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

こちらもおすすめ。人気コラム