【メンズエステお悩み相談室】施術のスキルが上達しても時給を上げてくれません。違法では?


●相談
施術のスキルが上達しても時給を上げてくれません。これって違法じゃないのですか?

●回答
法律のことはよく知らないのですが、たぶん違法ではないと思います。雇用契約に「施術のスキルが上達したら時給を上げます」と書いてあれば、その通りにしないと違法になるのかな? 違法というか、契約不履行になるのかな?

基本的には、メンズエステの業界って「施術料金の何割かをエステティシャンに給与として支払う」形態をとります。つまり、エステティシャンを、いわゆる個人事業主と見なし、歩合でがんばって稼いでください、と、オーナーが思っている。

時給で雇用するお店は――お客さんが来ても来なくても時給が発生するのだから、できるだけ時給を上げたくない。これがきっと、オーナーの考えでしょう。
なので、お店が暇でぼ~っとしている時も時給が発生するのがいいのか、施術したらした分だけ稼げる方がいいのか、自分で決めるしかないでしょうね。

施術のスキルが上達したら時給を上げる、という約束を、入店当初にしていない限り、スキルが上達したからといって時給を上げるオーナーは少ないでしょう。
なぜなら、オーナーとしては、ふつうは「お客さんが増えて、売上が上がったら、時給を上げます」と考えるからです。

施術がうまくなるのはいいことです。店にとってもお客さんにとっても喜ばしいことです。でも、それと時給はまた別、というのが経営者の発想です。経営者は、「多少施術が下手でも、指名が多いエステティシャン」を求めます。

たとえて言うなら、メンズエステのエステティシャンって、テレビに出ているタレントさんみたいな感じかな。タレントで歌がうまいのはいいことだけど、それよりなにより、人気者であってほしいと、事務所サイドは考えるでしょ? 歌が下手で、CDを出しても1000枚しか売れなくてもいい。それより、人気者になって、毎日テレビのひな壇に座れるタレントになってもらいたい。こういうことのような気がします。

この記事のコメント

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

こちらもおすすめ。人気コラム