メンズエステで働くにあたってエステティシャンの資格って必要?

2020 3/16


●質問
メンズエステで働くにあたって、エステの資格って必要なのでしょうか?

●回答
エステの資格は必要ないです。
というのが実態ですが、今の世の中は資格社会なので、資格のない応募者を嫌がるオーナーもいます。
が、本質的には必要ないです。
エステの資格ってたくさんあって、その多くは民間の資格団体が発行しています。
が、そういうのって、気をつけないと、取得したところで、「よその店に通用しない」資格だというケースもよくあるのです。

また、エステの資格を発行している団体によっては、自社で資格取得のためのスクール(講座)をやっているところもあります。その講座に、たとえば50万円くらいかかります。
で、エステの手技を覚えて資格をとりましたとなれば、次は自社の商品(エステに使うオイルなど)を資格取得者に売りつけて……という感じで、ヤバい資格商法をやっている団体もいまだにあります。
じゅうぶん気をつけてください。

メンズエステって、資格うんぬんよりも、手技のうまさと、お客さんに対する気づかいが求められます。
資格を持っていても手技がへたな人もいますが、そういう人はちょっとね……という感じ。
むろん、手技のうまい・へたは「相性」もあるので、なにがうまくてなにが下手なのかの基準はあいまいです。

お客さんに対する気づかいというのは、簡単にいえば、母性みたいなものを出せるかどうか、ということです。
なにも母親になり代わって客を癒そうということではありません。
施術中に「寒くないですか?」と声をかけることができるとか、お客さんにお茶を出す場合、その温度に気づかいができるかどうか、といった、いわば当たり前のことに対する気づかい。
これができるというのが、じつはとても大切なのです。

そういう気づかいなどどうでもよく、手技のうまさだけを求めるお客さんは、そういう店に行っています。究極は、プロの柔道整復師のもとに行くでしょう。

「まあまあ」手技がうまくて、「最高に」気づかいのできるエステティシャンを求めて、男たちは今日もエステサイトを、目を皿のようにしてチェックしているのです。

なにはともあれ、メンズエステで働くにあたって、資格は必要ありません。必要と言われたら、必要じゃないと言うお店に応募すればいいのです。
仕事に必要な手技は、入店後、先輩が教えてくれる――これが一般的であるはずです。

今すぐ稼げるメンズエステ求人
900件以上の募集から探せますエリアから探す

この記事の感想

この記事にコメントをする

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※ご相談・ご質問にはお答え出来かねますのでご了承ください。

こちらもおすすめ。人気コラム

メンズエステのお悩み相談をもっと見る