メンズエステの面接に受かるにはどうすればいいのですか?

2021 8/23


●質問
メンズエステの面接に受かるにはどうすればいいのですか?

●回答
セクシーさをアピールする! というのは真っ赤な嘘で、「相手は自分のことをなにも知らない」という事実を知ることです。
面接って、メンズエステであろうと、一般企業であろうと、どこも同じで、ようするに、相手はあなたのことを「まったくなにも」知らない、というところから始める、ということです。それが面接に勝つ方法です。

あなたは「履歴書を書いたから、それを見たら相手はわたしのことがわかるはず」と思っているかもしれませんが、それは間違いです。
履歴書に「書かなかったこと」「書けなかったこと」を、言葉で説明する必要があります。
いえ、なにも「黒歴史」を正直に告白しましょうということではありません。そういうのは隠しておくといいのです。

そうではなくて、たとえば、ラーメン屋でバイトしたことがあると書いた場合、そのラーメン屋で「どのように働いていたのか」を言葉で説明するのです。

たとえば、男性客に対して**をすることによってリピーターを増やしたとか。
じつはラーメンにまったく興味がないけれど、「人」には興味があったので、バイト先ですごく好かれた、とか。

つまり、よく言われることですが、面接をする人って「あなたという人の人となり」を知りたいのです。「この子どんな子?」という疑問を持っているのです。
「この子どんな子?」との疑問に答えようと思えば、「HOW」を説明してあげる必要があります。HOWで聞かれているのだからHOWを答える必要があります。

メンズエステの面接に限らず、たとえば塾講師のバイトもまったく同じです。
「お利口さん」は、輝かしい学歴を履歴書に書いてしれっとしています。「わたし小学校からずっと慶応ですが?」みたいに。
まあ、それで採用されることもあるのですが、採用されないケースも当然あります。
なぜなら彼女はHOWを語らなかったから。

中学生にはこういう風に教えてきました、とか、急なシフト変更にはこういう風に対応しましたとか、そういう情報を「あなたから」言わないと、面接する側は「もういいか」となるのです。
なぜなら、HOWを嬉々として語る人は世の中に、じつはたくさんいるからです。
また、そういう人を、人は「コミュニケーション能力が高い子」と判断するからです。

今すぐ稼げるメンズエステ求人
900件以上の募集から探せますエリアから探す

この記事の感想

この記事にコメントをする

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

※ご相談・ご質問にはお答え出来かねますのでご了承ください。

こちらもおすすめ。人気コラム

メンズエステのお悩み相談をもっと見る