メンズエステはなぜ「舐めない・脱がない・触られない」で稼げるのか?

たとえば20年ほど前は、男子が通えるオイルマッサージのお店は、日本にはほぼありませんでした。

20年ほど前に「おれはオイルマッサージが好き」と言っていた男子は、海外でその快感を覚えたようです。

たとえばタイの高級ホテルのプールサイドに、マッサージのブースがあり、そこでは海外のVIPな男性や女性が、オイルマッサージの施術を受けていました。

つまり、そもそも「メンズエステ」とは「合法にして、ちょっとした高級なマッサージ」なわけです。

08

■なぜ稼げるの?

さて、日本で大ヒットし続けているオイルマッサージ店ではたらくと、なぜ稼げるのか?

ひとつは、女の子、お店、お客さんの3者に「安全が保証されているから」です。

オイルマッサージのお店は、原則「風俗営業」の許可をとっていません。そんなもの、とる必要がないからとらないのです。

つまり風俗店ではないのです。だからお客さんが「おれのチ○コ、舐めてよ」と言うのは自由でしょうけど、それを「やる」と違法、つまり警察につかまります。

お客さんの多くは、この事実を知っています。

だから女子に「舐め」を強要しません。触ってもきません。

男女ともに、合法に楽しめる場所、つまり安全に楽しめる場所だから、女子は安全にはたらけますし、お客さんは堂々と「リピーター」として通い続けることができます。

■リピーターになって通い続けてくれるということは・・・

お客さんがリピーターになって通い続けてくれるということは、要するに、女子が稼ぎやすいことを意味します。

飲み屋さんもどこでもおなじです。

駅前にある飲み屋さんのように、毎日、不特定「多数

のお客さんを相手にしなくてはならいお店は、毎日「ご新規様」の獲得に追われます。

でも、メンズエステは、べつの項で紹介したように、男性客がわりとハマりやすいシステムになっていますし、合法な「遊び」なので、リピーターがお店に(あるいは特定の女子に)つきます。

だから女子は稼ぎやすいのです。

たとえば、1時間1万円のお店の場合(一般的には1時間1万数千円以上ですが、計算がややこしくなるので1時間1万円とします)……仮に女子の取り分を半分の5,000円とすれば、毎日2人のリピーターがお店に来れば、女子は1万円稼げます。

5日で5万円。1ヵ月は4週ですから、掛ける420万円。

このほかに「延長料金」が入ったり「オプション料金」が入ったり、その他のお客さんが来たりで、お店によっては月に7080万円稼ぐ女子もおおぜいいるのです。

男性心理に見る「舐めない・脱がない・触られない」でなぜ稼げるのか? については、別の項でお届けします。

ご期待ください。

この記事のコメント

この記事にコメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

こちらもおすすめ。人気コラム