すぐお店を辞めちゃうメンズエステティシャン・続くメンズエステティシャン

人を雇う側の気持ちって、想像したことありますか?

入店して1ヵ月も経たないうちに辞めちゃう女子に対して、オーナーはどう思っているのか?……こういうことって、あまり想像したことがない人のほうが多いのではないでしょうか。

すぐに辞めていく人に言わせたら「人がすぐに辞めていくような環境を作っているオーナーが(店長が)よくない」という意見もあったりして、まぁそれはその通りだと思いますが。

■長く勤めるコツ

1つのメンズエステ店で長く働いている人は、それなりに店長やオーナー、ほかのスタッフとの人間関係が良好である……こういうことが言えるように思います。

これといって特にやりたい仕事があるわけでもないし、それなりに稼げそうだから、とりあえずメンズエステで働けばいいや、と考えて入店した女子であっても、そこの店長やオーナーとの人間関係がそれなりにうまくいくと、長く働いているように見受けられます。

***

メンズエステって、でっかいチェーン店のところもありますが、おおかたはいわゆる個人店舗です。オーナー、店長、バイトの女子数人……メンバーはこれだけです、というお店が非常に多いですよね。

つまりメンズエステティシャンになるというのは、中小企業に就職するようなものです。

中小企業に就職するときにすごく大切なことは、人間関係をちゃんと築けそうな人がいる会社かどうか、ということだったりします。

大企業だと、部署内の人間関係が悪くても、そのうち誰かがいなくなって、新しい人が入ってきます。大企業って毎年異動や転勤があるので。

でも中小企業で「こいつ、ホントにイヤなやつだな」という人がいたら、その人が辞めるか自分が辞めるか、どちらかしか選択肢がないですよね。

***

メンズエステに限った話ではなく、どんな仕事も、その仕事が自分に向いているか向いていないかではなく、そこでの人間関係が良好かどうか、というのが、長く勤めるコツだったりします。

実際、企業カウンセラーのもとにやってくる悩み深き人の悩みって、ほとんどが社内の人間関係のことだそうです。

人間関係がうまくいきさえすれば、長く勤めることができます。

こちらもおすすめ。人気コラム