【メンズエステお悩み相談】リピート指名されるエステティシャンがやっていること

メンズエステで稼ごうと思えば、リピート指名を得るのが手っ取り早いです。
これ、どんな仕事についても言えることなんですが、まず自分のファンを何人か作らないと「稼ぐスタートライン」に立てないですよね。
もちろん毎日、新規のお客さんだけを接客して稼ぐ商売もありますが、一般的には何人かの固定ファンができないと稼ぐスタートラインに立てない。

で、固定ファンが何人かできれば、稼ぎのいい女子は、彼らを松竹梅でランク分けするんだって!
お客さんには失礼な話かもしれないけれど、お金を持っている順にランクをつけるそうです。失礼かも、と書きましたが、でもこれって、どの商売でもやっていることです。法人でも、たくさん仕入れてくれる会社は最高ランク、数ヵ月に1回少しだけ仕入れてくれる会社は最下位、みたいなランク付けって、どこの会社でもやっています。それをメンズエステティシャンとしてやろうということです。

でですね、あまりお金を持っていないお客さんには、月に1回連絡する、みたいな感じで、相手の懐具合に応じて連絡するんです。お金持ちのお客さんには頻繁に連絡するんです。

これ、「男は女子からお願いごとをされたら断れない」という、永遠のベストセラー的な男性心理をうまく活用する、ということです。
男子って女子からなにかを頼まれたら、それを断るのを恥と思っているところがあるからね。
なのであなたが「今週は雨が降って暇だからお店に来てよ」とLINEすれば、ちょっと無理してでも行かなくては、と男は思うんですよ。

もちろん「女子から連絡が来た=この子、もしかしておれのことが好きなのかも」と勘違いしたゆえに来るお客さんもいます。

女子の申し出を断るのは恥だと思う、あるいは断りづらくて断れなかったゆえに来店する、あるいは勘違いゆえに来店する。こういうのを繰り返しながら、男はリピート客、つまり常連さんになっていきます。
で、「これだけ頻繁にお店に通ったのだから、もうヤラせてくれてもいいだろう」と彼が思った頃、あなたは彼氏と結婚して退職しちゃうと。

こちらもおすすめ。人気コラム