【メンズエステお悩み相談室】店外デートのうまい断り方とは?

●相談
お客さんから「店外デートしよう」と、しつこく迫られています。店外デートのうまい断り方を教えてください。(25歳・東京)

●回答
お店によっては、「店外デートも、店内のサービス料金と同じ金額が発生します」としているところもあります。店内で施術を受けるのに1時間1万円必要なら、店外デートも同じ金額がかかります、としているわけです。
そしたら、女子は楽して稼げるでしょ? 店内では1時間施術しないと稼げなかったものが、店外デートでお客さんとお茶するだけで1万円の売上になるのだから。

もっとも、こういうのは「表のメニュー」には通常書かれません。あくまでも、「店として女子を守るために」「きれいに遊ぶお客様限定で」案内していることだったりします。
そういう店の方針があれば、女子は「安全に」店外デートをし、なおかつ儲かって、お客さんもデートできたからご満悦で、お店も儲かって……いいことばかりです。

が、そのようなルールを持っているお店って、少ないんですよねえ。店外デートを申し出てくるお客さんが「絶対に」いると、店長はわかっていても、なぜかそういうルールをつくらないんですよね。

一般的には、「店外デートはお店のルールとして禁止されています」とお客さんに女子が言って断る、ということでしょうね。「ルールを破ったら、わたしが店を辞めなくてはいけなくなるので……」と付け加えると、なおいいでしょう。

「昼は他の仕事をしていて( or 学校に通っていて)」という言い方をして断る女子もいます。学生だと、「試験が近いので勉強をしないといけない」とか「朝から夕方まで実習で、遊んでいる時間がないんです」など、忙しいことをアピールする女子も多いですね。たとえば幼稚園の先生になるための実習って、マジで忙しいらしいじゃないですか。

ちなみに、男は「店外デート=ヤレる」と思っている、とする説が有力だけど、これは半々です。ヤレると思って店外デートに誘うお客さんが半分。あとの半分は、女子においしいものを食べさせてあげるなど、『千と千尋の神隠し』の「カオナシ」的なことをしたがるお客さんが半分です。

こちらもおすすめ。人気コラム