入店3ヶ月目までにやっておくと「稼ぎやすくなる」3つのこと

20今回は、毎月50万円以上コンスタントに稼いでいるメンズエステティシャンに、新人のうちにやっておいたほうが稼ぎやすいことについて、お話をお聞きしてきました。
さっそくご紹介しましょう!

■1:お客様の顔と名前を覚える

「よほど大きなお店でない限り、(とくに個人店舗だと)1つのお店のお客さんって、どんなに多くても100人くらいです。その100人の中には、すでにお店に通っていないお客さんもいます。
数ヶ月に1回以上お店に来てくださるお客さんだけだと、わたしのお店の場合50人くらいです。その50人のお顔とお名前が一致するようにすれば稼ぎやすいです」

このへんはスナックと同じでしょう。
スナックだって、ふつうはどんなに多くても50人くらいのお客さんで回っています。お店に並べてあるボトルの数を数えると、それがお客さんの数です。

週に2日しか出勤しない女子は、なかなか全部のお客様とお会いできないかもしれませんが、少しずつ、全部のお客さんのお顔とお名前を覚えると、稼ぎやすくなります。

■2:常連さんの好みを覚える

「すべてのお客様の好みを覚えたほうがいいのですが、あまりお店に来ないお客様の好みって、覚えづらいものです。
だからまずは、常連さんの好みを覚えてみては? 最初にお出しするおしぼりは冷たいのが好きとか、真夏でも熱いおしぼりが好きとか、そういう細かい気遣いができるって、稼ぐコツです」

■3:500円くらいのプレゼントを贈る習慣を!

「エステティシャンって、正社員であったとしても、個人事業主と考えてみるといいと思います。
個人事業主……たとえば保険の営業の女性の多くは個人事業主ですが、そういう人の中で稼いでいる人って、お客様にお会いするたびに、500円くらいの贈り物をしています。
自分の手取り金額=全部自由に使えるお金、ではなくて、5%くらいは「経費」だと思っておくと、自分のお客さんをゲットしやすいです」

こちらもおすすめ。人気コラム