メンズエステに資格は必要?

「メンズエステティシャンって、エステの資格など、なにか資格をとったほうがいいのでしょうか?」
今回はこのご相談にお答えしたいと思います。

たとえばインド式マッサージなら、インド式マッサージの資格があります。リンパマッサージなら、リンパマッサージの資格があります。
が、その多くは民間の資格です。民間のその手の資格は林立しています。
不思議なことに、マッサージの資格をつくってディプロマを発行する先生たちって、「わたしの(おれの)資格が1番」と思っている節があります。それはそれでいいと思うんです。みなさん、今のようにマッサージが流行るずいぶん前から、独学等でスキルを磨いてきたわけですから。そういう人が学校を立ち上げて、学費収入と、ディプロマの発行手数料収入を得るのは、けっこうな話です。

***

でも、資格をとる人は、「どれくらい『使える』資格なのか」に、もっと敏感になったほうがいいのではないでしょうか?
メンズエステのマッサージは、資格なしでもできます。ネイリストとおなじです。ネイルは資格がないよりあったほうがいいのかもしれませんが、なくてもネイリストとして食っていけます。
ソムリエの資格だって同じです。ワインも提供するスナックで働くときに、ソムリエの資格はないよりあったほうがいいのかもしれない。でもお客はわざわざ「ソムリエの資格を持っているあの女性がいるスナックに行ってワインを飲もう」とは思いません。

***

細かい話を抜きにすれば、「ないと食っていけない資格」なのか「なくても食っていける資格なのか」、どちらなのかを、まず自分で知ることです。
もちろん、マッサージの資格勉強は、しないよりしたほうが「自分のためになります」。たとえばリンパの出口ってこんなところにあるんだ~! という発見があるでしょう。
でも単純に「資格はあったほうがいいのか・なくてもいいのか」と聞かれたら「なくてもメンズエステで十分稼げます」というのが、誰がどう見ても答える答えでしょう。
メンズエステを卒業したあとにやる仕事の資格をとったほうが、あなたのためではないでしょうか。

こちらもおすすめ。人気コラム