メンズエステで高給取りになって「金銭感覚が狂わない」ために・・・

メンズエステって、ホントに稼げるので、たとえば毎月50万円お給料をもらっている人って、たくさんいます。

若くして月に50万円ものお金を手にしたら、金銭感覚が狂う人は狂います。

狂わないで、50万円の半分を貯金して、つつましく生活している人もいますが、狂う人は見事に狂います。

では、狂わないためにどうするべきか? について、今回は見ていきます。

■自己投資

金銭感覚が狂わないようにしようと思えば、自分に投資すればいい、たとえばこういうことが言えるように思います。

もちろん自分が苦労して稼いだお金ですから、自分の好きなように使えばいいのです。ドラッグストアで大人買いするもよし、エステで高額のローンを組むもよし。なんだって好きなようにやればいいのです。

でも、好きなようにお金を使うと、そのうち狂ってくるのが金銭感覚です。

だから、「このお金の使い方は、自己投資になっているかどうか」を、常に意識しておくといいです。

■どうせ、と言えば失礼ですが・・・

自己投資って、自分が将来どういう人になりたいかが明確だと、すごくやりやすいです。

たとえば将来、花屋さんをしたい人は、鹿児島で行われる世界洋ラン博覧会に行くとか。

鹿児島で世界洋ラン博覧会が行われるというのは、もののたとえで、実際には行われませんが、目的意識があれば、たとえばそうやってお金を有効に使うことが可能です。

将来の目標がないとか、漠然としすぎている人は、たとえば結婚したらできないであろうことに対して、お金を使ってみてはいかがでしょうか。

たとえば、結婚してもスノボに行くことはできますが、ひと冬に5回スノボに行くことはできないだろうと思います。

今しかできないことを真剣にやる……これだって立派な自己投資です。

どうせ、と言えば失礼ですが、どうせ貯金できない人は貯金できないのだから、自分の心とカラダに貯金するのです。つまり自己投資になるなにかをやることです。

自己投資って、それなりにお金がないとできません。その点メンズエステティシャンは非常に有利です。平均的な40歳くらいの人と同等かそれ以上稼げるわけだから。

こちらもおすすめ。人気コラム